良い印象を与えて合格を目指す

合格に近づくようにする

作文用紙

小論文の書き方

小論文を書く時に重要となるのが文章構成です。文章構成を最初にしていれば良い内容を書けるだけではなく、慌てずスムーズに小論文が書けるようになるでしょう。

READ MORE
ウーマン

志望動機を書く

良い志望動機を書くことで学校に入りたいという思いが伝わります。その為に、いくつか押さえておくべきポイントがあるのです。そのポイントを知って志望動機を書くことで合格する可能性が高くなります。

READ MORE

好印象を与えられる面接でのマナー

小論文の書き方がどれだけ良くても面接でのマナーが良くないと合格の可能性は低くなります。ですから、面接の際に好印象を与えられるようにマナーを知っておくことが大切と言えるでしょう。マナーを押さえて面接に挑むと合格へも近づきます。

[PR]

小論文なら書き方を知っておくべき!
文章で熱意を伝えよう◎

志望動機の書き方はココ!
絶対合格できる方法。

好印象を与える

婦人

面接当日は時間に余裕を持つ

面接では遅刻することは厳禁です。ですから、面接の10分前には面接会場に着くようにしておきましょう。また、面接当日は何が起きるか分かりません。当日に、交通機関の乱れがある可能性もあります。そのようなことを想定して時間に余裕を持っておくと安心です。しかし、交通機関が大幅に乱れているのであれば早めに連絡するようにして下さい。また、早く着いた場合にそのまま面接会場に行くと迷惑がかかることがあるので、10分前に着くように時間調整をして向かうようにしましょう。

面接以外でのマナー

面接以外でも試験は続いていると思っていて下さい。面接の際に緊張し過ぎると良いことはありません。ですから、リラックスすることは大切になります。しかし、気を抜きすぎていると良い印象を与えることはできないでしょう。そうならないように、面接以外での注意点を把握しておく必要があります。まず会った人に挨拶することが重要です。いくら良い面接ができてしっかりとした志望動機が言えても学校の人に挨拶ができなければ意味がありません。その為、面接会場で会った人には丁寧な挨拶をするようにしましょう。

受付でのマナー

受付での対応から面接は始まっています。その為、受付をする際には明るく、ハキハキと話すようにしましょう。そうすることで、良い印象を与えることができます。

面接までの待つ時間

採用担当者は、面接までの待機時間も見ています。ですから、待機時間に携帯をいじったり周りの人と話したりなどの落ち着きがない行動は避けておきましょう。また、面接直前の化粧直しも控えておくことが良いです。面接までの待機時間は、静かに面接のことだけを考えて待っておくことが大事になります。

面接で良い印象を与える

面接で重要になるのが面接官に良い印象を与えることです。良い印象を与えるには、いくつかポイントがあります。一つ目に挙げられるのが笑顔です。面接の際は、緊張や不安で表情が硬くなることが多くなるでしょう。表情が硬いと良い印象を与えられません。緊張で笑顔を作るのが難しいのであれば、口角を上げるだけで印象が変わるので試してみて下さい。また、面接官の目を見て話すことも重要です。この他には、落ち着いてゆっくりと離すことが大切になります。ゆっくり話すことで自分の言いたいことが伝えられるでしょう。

[PR]

広告募集中